2014年11月アーカイブ

やましい気持ちはない

| トラックバック(0)
はい。
すごいですね。
アメリカの暴動。
また黒人たちが

嬉々として

暴動していますね。
この時を待っていた!!!
って喜び勇んで暴動を起こしていますね。

すごいすごい。
映像みたけど、
クルマが壊されるレベルじゃなくて、
大量の自動車に火がつけられる。
数多くの商店が襲われて商品が持ち逃げされる。
そしてあちらこちらで火の手があがっている。

まさに暴動です。
しかし、めちゃくちゃですね。

事の発端は、地元のギャング団に所属している少年が、
コンビニ強盗をして警察に追跡され、
追い詰められた後、警官に襲い掛かりそこを撃たれて死亡した事件です。

武装していなかったのに!!
という事で、黒人少年が殺されたというだけで、
暴動が発生しているわけですね。

いったいどれだけの特権をもっているんでしょうか。
滅茶苦茶ですわ。

ちなみに銃撃をした白人警官は
やましい気持ちはない
と答えています。
当然起訴はされませんでした。
当然ですね。

警察官として当然の行動をとっただけですから。

子供の頃、将来の夢として憧れの職業があったと思います。
僕は子供のころにパイロットになりたいと書いた記憶があります。
いまではパイロットなんてなろうと思ってもなれないことがわかりますし、仮になれるとしても怖そうなのでなりたくはありません。
今はしがいないコピーライターをしております・・・。


まあ、子供の頃って知っている職業が少ないから、なりたい職業も限られてきますよね。
自分が学校の先生になったことを想像したことがある人も多いかもしれません。
でも学校の先生なんて、今思えば凄いストレスがかかりそうです。
特に現代であれば、なにかと外野がうるさいですからね。
本当に教師になられる方は凄いと尊敬しています。


それはともかく、いまのやりたい仕事というのは子供のころの夢とは違うことが多いと思います。
でも、転職をしてでもやりたい仕事のヒントというのは、子供のころに隠れていると思うんです。
子供のころに好きだったことって、やっぱり今になっても好きであることが多いです。


過去の自分の経験を思い返してみると、どのような職業を転職先に選べばいいのかが見えてくるかもしれませんよ。
人生の3分の2は睡眠と仕事なのですから、仕事が楽しくないと死ぬときになって後悔するような人生になりますよ。


お相撲さんは面白い

| トラックバック(0)
うん。

いやはや、本当に面白くなってきました。
大相撲
見てますか?

え?
そんな年寄り臭いの見ないって?
いえいえ、違うんです。

確かに歳よりくさいイメージはありますけど、
実際にはそんなことはないんですよ。
日本の国技である大相撲。
これは、まさに一瞬が勝負を決める、
ものすごいスポーツなわけです。

知らないと思いますけど、
お相撲さんって、180センチオーバーが当たり前にいるんです。
190センチ以上も当然なんでうすよ。
それでいて、体重は150キロ以上も当たり前。
そういう巨大なお相撲さんが、
もの凄い早さでどん!
と当たって相撲を取るんです。

勝負は長くなく、一瞬で決まることが多いですけど、
その一瞬の間にも、さまざまな技の攻防があるんですよね。
それが解るようになると、面白くなってきます。

今場所は、新関脇の逸ノ城。
彼がどれだけ暴れまわるか。
それが楽しみな九州場所となりますね。

昨日の初日は横綱日馬富士に負けました。
今日はどうなるかな。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。