2016年7月アーカイブ

きゅうり封じ

| トラックバック(0)
すごい行事があるな

きゅうり封じ

だってw
どういう行事かというと、
きゅうりに対して、さまざまな禍を閉じ込めて、
そして無病息災を願う。
そういうものだそうです。

ちなみに、この行事。
奉納されたきゅうりにたいして、
お札を独鈷杵を利用して埋め込むんだとか。
そして、念仏を唱えて一晩祈りをささげた後に、
次の日に、埋めるんだそうです。

そういう行事なんだそうです。

しかし、すごい行事ですよね。
まずきゅうりに禍を閉じ込めるっていうこと。
それ自体が面白いものです。
まずそんなのは考えませんよねw

でも、それが存在している。
うーん。
日本の地方のそういう宗教的な行事っていうのは、
なかなかおもしろいものがありますね。
常識を大幅にはみでているというか。
まぁ、でもそれこそが宗教行事っていうものですね。

まぁでもあれか。
やっぱり禍を封じ込めたあと、たべないで処分するんですねぇ。

お医者さんて大変だな

| トラックバック(0)
こんにちわ。
お医者さんって本当に大変だなって思います。

この間のドクターGをみたら、
なんか、小学6年生の子供が急性白血病と診断されていました。
本当にかわいそうすぎます。

免疫力が低下して、病気にかかりやすくなる。
しかも子供。
本当にかわいそうです。

かわいそうすぎます。

でも、仕方ない。
それも運命。
誰も人がどうにかできるわけじゃないですからね。

誰かが白血病にしたわけでもないしね。
本当にかわいそう。

でも、子供の場合は治る確率が高いそうです。
だから、治ってもらいたいね。

他人の子供でもそういうふうに思うんだから、
自分の子供とかだとしたら、もうショックがすごいと思います。
今日は何の日。
ふっふー
って感じです。

かわいそうすぎる。

見ていて、本当にかわいそうになりました。
本当に病気というのは、
何時どこで誰がなるかわからない。
それと戦うために、がんばっているお医者さん。
本当に尊敬に値すると思います。

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。